26年12月初度登録(27年モデル)アクティブクルコンインテリセーフティ搭載 希少カスタムBMW320d Mスポーツ車検3年12月 4,5点極上車

ヤフオクへ

素晴らしい車両状況のカスタムF30-320d Mスポーツ(サブコンピューターブーストアップライトチューニング仕様)が入庫致しました。もちろん修復歴無し、走行距離管理システム照会済み、車両評価4,5点の極上正規ディーラー車になります。

まず平成26年12月初度登録(平成27年モデル)の今回出品車は24~25年モデルには搭載されない「後期インテリジェントセーフティシステム標準搭載車」であるばかりではなく、希少なオプション装備「アクティブクルーズコントロールシステム(ミリ波レーダー照射により設定速度内で一定車間を保持追従し、前走車が停車した場合完全静止状態まで自動ブレーキで停止するシステム)」搭載車である点がセールスポイントであると言えるでしょう。平成24年デビューの320dは26年モデルからディーゼル特有のエンジン動作音がやや抑えられており、それに加えてレーンデパーチャーウォーニング(車線逸脱警告システム)や衝突軽減自動ブレーキシステムを標準搭載、i-Driveシステムも24~25年モデルより高機能なものにリニューアルされており、今回出品車はこの「後期モデル」に該当致します。その他にもアクティブクルーズコントロールシステム、ブラックキドニーグリル、カーボンフロントリップスポイラー、カーボントランクスポイラー、Mパフォーマンスサイドエアロ、サブコンピューターブーストアップ(204PSオーバー)、レムス4本出しスポーツエキゾースト(加速騒音規制対応・・・このままで車検OK)、リヤカーボンディフューザー、エンドレス6POD対向ピストンキャリパー、大口径2ピーススリットローター、車高調正式スポーツサスペンションフルキット、高規格20インチアルミホイール、トータルカーボンインテリアトリムフルセット、MパフォーマンスカーボンATセレクターレバーなど魅力満載の1台となっており、ここまで素晴らしいパッケージングの完成された極上カスタム320d Mスポーツはとても希少であると言えます。「もう1台探して欲しい」とご注文いただいてもまずご案内する事は不可能かと思われる最高の1台、是非この機会をお見逃しいただきません様お早目のご検討をお勧めさせていただきます。

BMW新時代の到来と言えるクリーンディーゼルツインパワーターボエンジンが搭載された320d Mスポーツ、ここまで完成されたパッケージングのディーゼルエンジン後期モデルカスタムカーはとても希少であると言えます。そこにあるだけで圧倒的な存在感をまとったカスタムF30極上車、この機会を是非お見逃しいただきません様お早目のご検討をお勧めさせていただきます。

素晴らしいコンディションのアルピンホワイトⅢボデイ、軽量高剛性20インチアルミホイールの状態も小傷のみ。しっとりとした輝きを全身から放つ美しいエクステリアは走行距離を感じさせず、ブーストアップによるパワフルな走りと8速パドルシフトATのウルトラスムーズなドライブフィールには特筆すべきものがあります。またこれほどの車両状況を誇る希少なカスタムディーゼルMスポーツは仕入れ価格も高額なため同年式のノーマル車よりお買い得感は少な目ですが、売り切りスタート価格を可能な限り低価格に設定させていただきましたので、新車時乗り出し価格約590万円以上(オプション装備、新車登録諸費用、自動車取得税など全て含む)の1/3程度でのご案内が実現しております。可能なお客様は是非一度現車をご確認いただきその素晴らしさに驚いて下さい。

まるで使用感の無い清潔感に溢れる美しいMスポーツインテリアには高価なカーボンインテリアトリムセット(ダッシュ、センターコンソール、各ドアインナーハンドルトリムなど)、Mパフォーマンスセレクターレバー及びシフトパネルまで奢られており完璧です。

184PS/38,7Kgmのノーマルスペックはサブコンピューター追加制御により204PS/44,9Kgmまで増大すると共にディ―ゼル特有の振動と音が巧妙に抑えられており、何と1750rpmから発生する最大トルクは8速ATのこのうえなくシームレスなシフトフィールにより、かなり気をつけていても「今何速か」を見失ってしまうほど知らぬ間に車速が上がっているという、とても完成度の高いモデルとなっております。そして燃費についても圧縮比16,5(!)の直噴ツインパワーターボエンジンにエフィシェントダイナミズムテクノロジーが結集された結果、その俊足ぶりに反する「JC08モード計測で19.4km/L」と公称されています。また前述と重複しますが運転支援システムも全グレードに標準装備となり、ここで「中古車で320dを狙うのならば絶対に26年以降の後期モデル」との図式が成立します。「わずか1750rpmから44,9Kgm(当該出品車チューニングスペック)もの最大トルクを絞り出していればそりゃ速いわ・・・」と自動車評論家がつぶやく程の動力性能、スロットルを軽く開けてやるとV8-4000cc級のNAガソリンエンジン並みのパワーを発揮するエンジンが1550Kgの車体に搭載されているという事実から、その俊足ぶりは容易に推察する事ができます。8速ATのオーバードライブがもたらす100Km/h時のエンジン回転数はわずか1500rpm、そこからフルスロットルを試すとダイレクトに4速/4000rpmからとてもトルクフルな加速度を伴い4800rpmで5速へシフトアップ、クリーンディーゼルの「音・振動対策」が優秀なのは現代においてはもはや常識ですが、前期モデルと比較すると更に振動も騒音も巧妙に抑えられており、「ディーゼルエンジンのデメリット」は出品車には存在しません。NOx吸蔵還元触媒で厄介な窒素酸化物を除去しポスト新長期規制をパスしたBMW新時代の2リッターディーゼルツインパワーターボエンジン搭載車は、厳しい環境基準のヨーロッパ市場に次いで私たち日本のBMW愛好家にも徐々にですが確実に浸潤しております。

BMWが世界に誇る高度なテクノロジーの結晶と言える「DOHC直噴クリーンディーゼルツインパワーターボエンジン」、ディーゼルエンジン搭載車が世界的なモータースポーツフィールドにおいてもワンツーフィニッシュを果たすなど、その設計製造技術の進歩はここ数年で目を見張るものがあります。その他カスタムエクステリアの状態などもご確認下さい。

厳しい環境基準のヨーロッパでガソリンエンジン車を凌ぐシェアを誇る、BMW新時代を告げる後期クリーンディーゼルターボエンジン搭載のブルーパフォーマンスMスポーツ。このパワーユニットの特徴は高回転域までトルクを落とさず一気に吹け上がるため、従来のディーゼルエンジン搭載車のイメージを覆す「スポーティかつダイナミックなドライビング」を愉しむことができる点をその真髄としています。ブラックアウトされたMパフォーマンスグリルとエアロパーツによる精悍なフロントマスク、ローダウンされ引き締められたスタイリング、支える足回りには車高調正式スポーツサスペンションフルキットと高規格20インチアルミホイール、胸のすく様なエキゾーストノート(音量はとてもジェントルでノーマルプラスアルファの上品な排気音です)を奏でるレムス車検対応オールステンレス4本出しスポーツマフラー、後期インテリジェントセーフティ操作スイッチにオプションのアクティブクルーズコントロールシステム、パドルシフトMスポーツステアリングなど、総じてBMWをよく理解した前オーナー様(又はプロショップ様)によりトータルカスタマイズが施された精悍なスタイリングは、交差点などでノーマル車と並ぶと比較の対象にならない圧倒的な存在感を誇っております。

アクティブクルーズコントロールレーダー波照射部、無傷のM4タイプカーボン調ドアミラー、美しい状態のウインドウモール、コンペティションエンブレムなどご確認下さい。

ディーゼル車の中でもっともディーゼルらしくないエンジンと評されるN47D20Cツインパワーターボエンジン、何と1750回転から4LガソリンNAエンジン並みの最大トルクを発生し、変速ショックの無い8速パドルシフトATトランスミッションとのコンビネーションにより、ゼロ発進から全く息継ぎの無いシームレスな加速を堪能する事ができます。ゼロ~100km/h加速の7.2秒は何と同年式ガソリンターボエンジン搭載320i Mスポーツ後期モデルの7,3秒を凌いでおり、低中速での溢れるトルクの恩恵により高速合流でも余裕の動力性能をいかんなく発揮、競合他車から一歩抜きんでた存在となっています。おそらくディーゼルエンジンを実感するのは、エンジン始動時と信号待ちでのアイドリングの時(もっともアイドリングストップ機能があるため気にならないでしょうが)と燃料を給油する時だけでしょう。昨今では弊社のお客様にも「クリーンディーゼル乗り換え組」が徐々に増加しており、そのご感想も「動力性能も充分過ぎるほどで、今まで何が嬉しくて一生懸命高価なハイオクガソリンを消費してきたのだろうか?」となっております。またディーゼルエンジン搭載の中古車は世界各国で需要があるため、お乗り換え時の下取り価格も高値維持が期待できる事を補足しておきます。

エンドレス6POD対向ピストンビッグキャリパー+2ピース大口径スリットローター、リヤスリットローター、20インチアルミホイールなどご確認下さい。

圧倒的な存在感の美しいエクステリアをご確認下さい。

この度は弊社の出品車両をご閲覧下さいまして誠にありがとうございます。

弊社では「価格を超える価値のある素晴らしい車両状況を誇る極上車」だけを厳選し、一般的な消耗部品点検だけではなく全車診断機により要整備個所を抽出すると共に、熟練スタッフによりあらゆるステージでの充分な実走行テストを繰り返すなど「お客様の立場に立った徹底診断」を実施しており、これらを全てクリアすると共に「社主である私自らが心の底から所有したいと思う特選車」のみをご案内させていただいております。

利益至上主義の中古車販売業者が溢れるこの業界において、仕入れ~点検整備~お届けまで全てのプロセスで「これから長くお乗りいただくお客様の視点」を常に念頭に置く事により、北海道から沖縄県まで全国全てのお客様に感動と喜びをお届けする事を「弊社の社会的責務」と考え、履歴の残っていないものまで含めますと530台を超えるお取引を重ねて参りました。「遠隔県のお客様がインターネットで車両を購入する事」に関するお客様側の全てのリスクを排除し、ご検討~御落札~現車確認~登録納車まで弊社が責任を持ちましてご案内させていただきます。

また弊社では「1台限りのお取引」ではなく、素晴らしいお車にご満足いただく事で「全国の皆様を弊社の大切なお客様として獲得する事」を真の目標とし日夜東奔西走致しております。おかげ様で2~3台目のお取引を重ねるお客様も増加の一途をたどり、昨今では全国の皆様から「こんなクルマを探して欲しい」とのご注文まで多数頂戴し対応に追われております。

弊社の経験によりますと「素晴らしいお車との出会い」は「ご縁のものである」と表現する事ができます。中古車は1台1台全て装備や車両状況が異なりますので、車種にもよりますが「同程度の個体を探して欲しい」とご依頼下さいましても、数か月に渡りお待ちいただくケースもございます。お車選びで大切なのは、(1)信頼できる自動車商に依頼する事、(2)ご予算には少々の余裕を持つこと、(3)素早い判断と迅速な決断、の3点に尽きると言えます。

何よりも「お客様が素晴らしいお車と巡り遭われます事」をスタッフ一同切望致しております。どうぞご安心してお車選びをお楽しみ下さい。

デイライトコーディング済みの引き締められたフロントマスク、4本出しステンレスマフラーとカーボンディフューザーによる力強いリヤビューなどご確認下さい。

(お取引条件)

(1)御落札価格以外に必要な費用

スタート価格(御落札価格)は消費税不要・現状でのお引渡し価格です。御落札価格の他に月割り自動車税(~2L、6月登録)¥29,600-、リサイクル料相当額20,440-の御負担が必要となります。弊社の出品車両は全車スタート価格からの売り切り出品です。

(2)納車にかかる交通費・登録諸経費など

御落札後、全国どちらまででも有料道路通行料(地域によってはフェリー輸送費)、燃料費(実費)、帰路徒歩交通費(実費)、納車経費18,000-(東北地方以北及び九州北部は25,000-、北海道・九州南部・沖縄県・一部離島は別途お見積り)にて自走でうかがわせていただきます。当然、現車をじっくりと御確認・御試乗いただいた結果の最終決定で結構です。弊社ではしっかりと現車を御試乗の後に最終決定いただける「自走納車」を推奨し御好評いただいております。登録納車先市町村名までをメールにてご通知いただけましたら「お乗り出し総額」を御案内させていただきます。

(3)お下取り車につきまして

ディーラーや買取り業者の査定にご満足でしょうか。もちろんお下取り車も大歓迎です。高価買取りで全国のお客様にご好評いただいておりますので是非ご利用下さい。過走行車及び処分車両も引取り抹消サービスなどの対象となりますので是非御相談下さい。

(4)御入札前の現車確認につきまして

出品車両は全て弊社所有車両ですので、現車確認・試乗を御希望のお客様はいつでも遠慮無くお申し付け下さい。(他府県出張などで急な御要望には対応できない場合もございますので、日程には余裕をもってご相談下さい)

(5)オートローンの御利用につきまして

高年式の上質車をお安く提供させて頂くため現金でのお取引を希望しておりますが、弊社が代理店を務めます大手信販会社のオートローン「実質年率3,7%低金利分割お支払い契約」も御利用いただけます。御利用に際しては審査があり、審査合格後オークションに参加していただく流れになりますので、御希望のお客様はお早めに掲載文末尾のアドレスまでメールにてお申し出下さい。

(6)現車確認後のキャンセルにつきまして

万一、現車確認・御試乗の結果としてキャンセルいただく場合、キャンセル料・YAHOO出品料・往復にかかる交通費の一部負担などをお客様にお願いする事はありません。全車テスター診断の実施や入念な実走テストなど、確かな技術と豊富な経験による点検整備を実施した素晴らしい車両状況のお車しか出品しておりませんので、万一少しでも気になる点がある場合は「無償キャンセルOK」をお約束させていただいております。どうぞご安心してお車選びをお楽しみ下さい。

(7)登録名義変更につきまして

基本的にお客様側での自走引取り及び名義変更登録はご容赦いただいております。弊社にて登録名義変更まで格安にて承っておりますので是非御利用下さい。まずはお客様側にて車庫証明を申請していただきます。必要な書類や申請要領書などは全て弊社からお送り致します。とても簡単ですので初めてのお客様でも是非挑戦してみて下さい。希望番号も実費のみで承っておりますのでお気軽にお申し付け下さい。

この出品車・お取引に関するご質問、質問欄ではスペース不足の場合、質問内容・連絡事項に個人情報を含むため非公開としたい場合、オートローンの御利用希望の場合など、どうぞご遠慮なくhide9284@yahoo.co.jp までメールにてお申し付け下さい。

弊社(K’s Auto Gallery)ホームページも是非ご閲覧下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です