23年カスタムBMW120iクーペMスポーツ フルエアロ 6PODブレーキ スポーツサスペンションフルキット マフラー 18アルミ他 4,5点極上車

ヤフオクへ

素晴らしい車両状況のカスタム120iクーペMスポーツ極上車が入庫致しました。もちろん修復歴無し、走行距離管理システム照会済み、車両評価4,5点の極上極美車になります。今回出品車のユーザーカスタムコストはざっと見積っただけで軽く120万円オーバー・・・フロントMパフォーマンス(ブレンボ製)6POD対向ピストンビッグキャリパー、リヤMパフォーマンス(ブレンボ製)対向ピストンキャリパー、フロントドリルドスリットローター、ACシュニッツアーショートストロークダンパー+スプリングフルキット、アドバンレーシング18インチアルミ、フルエアロ(F/S/R)、カーボントランクスポイラー、カーボンリヤディフューザー、BMWパフォーマンススポーツマフラー、audisonカスタムオーディオ、カロッツエリアAVIC-MRP009(手をかざすだけで操作できる地デジ搭載SDメモリーナビシステム)などになります。

そこにあるだけで走りのDNAを全身で表現する精悍なエクステリア、ACシュニッツアースポーツサスペンションフルキットにより程よく引き締められたスタイリング、車両評価4,5点の美しい内外装などを御確認下さい。

いつの時代も個性を表現する手法として私たち輸入車愛好家の心をとらえて離さないEuropean High Performance Car(弊社出品コンセプト)・・・ホイールが交換されただけのドレスアップカーや格安ノーブランドパーツの集合体などではなく、本物の一流ブランドパフォーマンスパーツ群が投入されたカスタムカーは、そこにあるだけで圧倒的な存在感を全ての観衆にアピールします。素人が一見しただけでは「ちょっとスポーティに見えるBMW」ですが、ノーマルMスポーツなどと交差点で並ぶと「精悍なフルエアロパーツ」「決して低すぎない、程よく引き締められた車高」「アドバンレーシング18インチホイールから除く巨大な6PODブレーキシステム」「車検OKのBMWパフォーマンスマフラーが奏でる心地よいスポーツエキゾーストノート」など、本物を見分ける事ができる観衆に自らの存在を静かにアピールしています。走行距離はまだ4万Km台、車両評価4,5点の極上カスタムBMW・・・たった1台限りのご案内になりますので、この機会を是非お見逃しいただきません様ご検討の程よろしくお願い致します。

精悍なエクステリアはトータルフルエアロパーツの装着で圧倒的な存在感を全身から放っております。

120の軽量ボデイは少しスロットルを解放してやるだけでスポーティな加速を堪能でき、フロントミッドシップに近い位置に搭載された軽量4気筒DOHCエンジンとACシュ二ッツアー強化足回り+軽量高剛性アルミホイールの恩恵で、1シリーズクーペのライトウエイトシャーシはあらゆるステージで驚きのフットワークを見せます。絶大なるストッピングパフォーマンスを発揮するBMWパフォーマンス6POD対向ピストンビッグキャリパー+大口径ドリルドスリットディスクローターはこのクルマには完全にオーバースペック、足回りには公道走行時に突き上げ感が少なく安定したトラクションが得られるACシュニッツアースポーツサスペンションフルキットが選択され、名門アドバンレーシング高規格18インチ軽量アルミホイールと共にリアルスポーツのドラマを支えます。高額なMシリーズでなくとも「駆け抜ける歓びのDNA」はBMW全てのモデルで体感する事が可能なのです。

大きなランバーサポートを持つスポーツシート、清潔感に溢れるインテリアやカスタムオーディオなど素晴らしい車両状況には特筆すべきものがあります。

BMWはもともと航空機用エンジンのメーカーで、エンブレムにその名残りを見る事ができます。黒の縁取りで4等分に塗り分けられた円形デザインは旧バイエルン王国の紋章に由来しており、青と白はバイエルン地方の空と雲を、外周の円と十字に塗り分けられた手法は航空機の回転するプロペラを表しております。ハンドリングとフットワークにこだわり続け伝統のキドニー(腎臓の形)グリルをフロントマスクに冠し、決してFF車を製造せずスポーティなFR車のみをプロデュースし続けてきたミュンヘンの特殊な自動車メーカー「BMW(バイエルン・モトーレン・ヴェルゲ)」・・・その歴史はエンジン創りの歴史そのものでもあるのです。驚くべき加工精度によりまるでシルクのように滑らかな吹け上がりを堪能させてくれるBMW伝統の直列6気筒パワーユニット、地の底から湧きあがってくる様なマルチシリンダー高級GTカーのフィーリングはBMWマニアならずともあまりにも有名な既知の史実です。E46で320からラインナップされていた2200ccのスモール6気筒エンジンはE82(今回出品車)では可変バルブタイミング直噴DOHC4気筒となってしまいましたが、加工精度の高さとBMWエンジニアリング精神は脈々と受け継がれており、フロントセクションの大幅な軽量化と重量バランスの最適化などで6気筒モデルを彷彿とさせています。またエンジン自体が軽量コンパクトとなった事で極限までフロントミッドに近い位置に搭載する事が可能となり、これまでの6気筒モデルには無いターンイン時のシャープなハンドリングと中高速コーナーでの鋭いフットワークは別次元のものへと昇華しております。

軽量コンパクトな直噴DOHCパワーユニットはフロントミッドシップに近いキャビン側に極限まで押し込まれており、このパッケージングが驚きのFRフットワークを実現しています。エアロ(F/S/R)やカーボンパーツなども御確認下さい。

出品車に搭載されているN43B20パワーユニットは、116のN43B16エンジンで不評だった脆弱なタイミングチェーンテンショ二ング調整機構も改善されており、最高出力も「116(122PS)や118(143PS)」と同排気量ながら高効率化により最高出力170PS/6700rpm(レブリミット7,300rpm)最大トルク21Kgm/4250rpmまで高められており、超軽量新素材合金や高価な軽量高剛性アルミ素材が惜しげも無く多用された結果、極めて高い燃焼効率と軽量コンパクトシャーシによるかつてない運動性能の昇華まで見事に達成しており、現在では既にそのバトンを後継モデルの2シリーズへと渡しておりますが、120i Mスポーツクーペはこの時代のコンパクトライトウエイトスポーツとしては一つの完成の域に達していると表現する事ができるでしょう。

アドバンレーシング軽量18インチアルミホイールから覗く巨大なブレンボ製(フロント6POD対向ピストン+大口径ドリルドスリットローター、リヤ対向ピストン)BMWパフォーマンスビッグブレーキシステム

順次追加掲載して参りますので最終までご確認のうえ入札にご参加下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です